スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電株保有の国会議員ランキング 小宮山、石破、今村、塩崎、井上…20人中16人が東電救済法案に堂々賛成

2012.08.10 23:34|関連情報
■東電株保有の国会議員ランキング 小宮山、石破、今村、塩崎、井上…20人中16人が東電救済法案に堂々賛成
(2012年8月9日 My News Japan 佐々木奎一)

http://www.mynewsjapan.com/reports/1672

画像1:東電株保有の国会議員ランキング1~5位。10社ある電力株を持つ全議員の「原発再稼働に対する見解一覧」は、末尾よりエクセルダウンロード可。
 
 政府は先月、貸し手責任・株主責任を不問にしたまま、1兆円もの公的資金で東電を国有化した。東電救済法案は昨年夏に民主、自民、公明、国民新、たちあがれ日本などの賛成で可決しており、金融機関と株主を救って国民だけに全てのツケを回した責任は、これら議員達にある。なかでも悪質なのが、東電の株主でありながら堂々と賛成した国会議員たち。調査したところ、東電株を保有する議員は衆参に計20人いるが、今村雅弘・石破茂・小宮山洋子ら実に16人が、利害当事者にもかかわらず棄権することなく、臆面もなく賛成に回り、株資産の「紙くず化」を防いでいた。一方、反対票を投じた松田公太氏、棄権した林芳正氏は筋を通した。「東電株保有の国会議員ランキング」と取材で得た見解を全公開するので、選挙時の判断材料にしてほしい。

【Digest】
◇保有ランキング作成

◇ワーストは今村雅弘、石破茂、井上信治

◇「資本主義に反する」と知ってて法案に賛成…塩崎

◇5位小宮山は最も重い責任の株主議員

◇震災後に売り抜けた元東電の加賀屋健

◇麻生、谷垣、鳩山…関電、九電株4千株超

◇原発再稼働について電力株保有議員の全回答

◇ランキング作成方法の詳細

◇保有ランキング作成


 7月31日、政府は原子力損害賠償支援機構を通じて、東京電力に対し1兆円の公的資金を注入して50.11%の議決権を取得し、東電を国有化した。今後の賠償や除染、廃炉にいくらかかるのか明らかにされていない状態なので、国民負担がどれだけ膨らんでいくのか、計り知れない。
 その一方、利害関係者である株主は、東電株の100%減資もないまま、国民にツケを回して責任を免れている。これは経済原則を無視した不公平な処置と言わざるを得ない。なかには「原発事故で株が暴落したから株主は責任を取ったも同然」という議員もいるが、今後、血税と電気料金を原資に再建して、株価が回復することが十分あり得る。

 しかも、国有化の根拠法となった「東電救済法案」(原子力損害賠償支援機構法)の採決時(衆院で11年7月28日、参院で同年8月3日採決)に、東電株を保有している国会議員も多数が参加し採決していた。

 東電株を保有すること自体が問題なのではない。たとえ東電株を持っていても、国会では国民の利益を優先して、株の100%減資を叫び、救済法案に堂々と反対していれば、公私の別をつけることのできる人物として、高く評価できる。

 だが後述のように、そのような積極的な行動をとった議員は、松田公太議員1人だけだった。他にも、政党として反対姿勢のため、東電株を持っていて採決で反対した議員が2人(ともに、みんなの党)いた。

 または、党に背いて反対はできないにしても、採決時に「この法案の利害関係者なので、私は棄権する」と欠席するのが筋だ。だが、実際に東電株を保有していながら棄権した議員は、後で詳述するように、林芳正議員1人だけだった。

 折しも野田佳彦首相は8月8日、「近いうちに」解散することを明言。来年は参院選もある。そこで有権者の判断基準の一つになればという思いから、「東電株保有の国会議員ランキング」を作成した。

 東電国有化は、その他の電力会社も関係している。例えば、原子力損害賠償支援機構の資本金140億円のうち、半分は「原子力事業者12社」(上は北海道電力から下は九州電力までの全国九電力と、日本原子力発電、電源開発、日本原燃)が出資している(残りは政府出資)。

 さらに、これら原子力事業者は毎年、会費(一般負担金)も同機構に支払っている(金額は毎年変更。11年度は計850億円)。その意味でも他の電力会社の株主たちにとっても他人事ではない。株主は明らかに利害関係者である。

 そこで、その他の電力会社株を保有する議員にも取材し、「東電以外の電力株を保有する国会議員全リスト」も作成した(画像5参照)。

 現在、首相官邸前で毎週、原発再稼働反対デモが行われている。そこで番外編として、「“電力株保有”全議員の原発再稼働に対する見解一覧」も作成した(末尾よりダウンロード可)。

 ランキング表の作成方法は、国会議員会館内にある「資産等報告書」「資産等補充報告書」「所得等報告書」をチェックした上で、各議員事務所に直接、保有状況や見解などを聞いた(作成方法の詳細は記事後半に記載)。こうしてまとめたのが画像の各ランキング表である。順にみてみよう。

◇ワーストは今村雅弘、石破茂、井上信治
 トップ画像にあるとおり、「“東電株保有”国会議員ランキング」の上位5人のうち、なんと4人を自民党が占めた。第1位は今村雅弘(衆院、自民党)氏、6,000株を保有。東電株を100%減資せず国有化したことについては、「無回答」だった。今村氏は東電救済法案の採決には「賛成」していた。

 第2位は、石破茂(衆院、自民)氏で、4,813株を保有。石破氏といえば、たびたび「次の首相」として名前が挙がる人物だけに、その対応は興味深い。石破氏は

「.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております

※以上 転載おわり
関連記事
スポンサーサイト
| 2012.08 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Profile

BQN

Author:BQN
東日本大震災の時に首都圏在住在勤。キヨシローの反原発ソングしか知らなかった自分を反省し、当時小3になったばかりの子供を放射能からどう守ったらよいか真剣に学ぶ。1年後、沖縄に移住。2012年12月、沖縄にいる原発避難者のための東電による説明会が行われたが、その開催に尽力したのが避難者支援の市民団体『つなごう命〜沖縄と被災地をむすぶ会〜』だった。共同代表の沖本八重美さん(2013.1.26永眠)は広島原爆の胎内被爆者ゆえ、新たな被ばくの犠牲者に対し深い共感をもって支援した。深刻かつ長期にわたる被害に対し “法廷で東電と国の責任を問う” ことが八重美さんの悲願だった。私も同じ気持ちでこの訴訟の支援を続けて行きたいと思っている。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

QR code

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。