理不尽 苦悩 共に闘う 〜福島から沖縄へ避難 単身抗議〜

2015.08.20 01:41|原告の想い
沖縄支部の大橋さんが、2015年8月11日、
川内原発再稼働に抗議する意志を示すため鹿児島に向かいました。
東京新聞の記事になっていたので紹介します。
↓クリックすると開きます。

IMG_0895.jpg



関連記事

焦点:拡大する福島原発訴訟、国と東電の賠償額増える可能性も

2015.08.17 14:18|なりわい訴訟報道
■焦点:拡大する福島原発訴訟、国と東電の賠償額増える可能性も
(2015年08月17日 ロイター)


[いわき市(福島県)/東京 17日 ロイター]
東京電力福島第1原発事故をめぐり国や東電を提訴する原告数が約1万人規模に拡大してきた。一部の訴訟では、大津波の発生を「想定外」としてきた東電の主張に関し新たな資料も提出され、同社の過失の有無も争点として浮上。過失責任が認定されれば、補償額が一段と増える可能性もある。

一方、同社の勝俣恒久元会長ら旧経営陣3人については業務上過失致死傷の罪で強制起訴が決まり、同原発事故は刑事裁判にも発展する。

<避難と賠償、終息狙う政府・東電>

集団訴訟の代理人の一人、米倉勉弁護士によると、同事故に関して全国で20以上の訴訟が提起され、原告数は1万人規模に達した。公害訴訟における原告数は沖縄県の米軍嘉手納基地騒音訴訟(第3次、2011年提訴)の約2万2000人が最大とみられるが、福島原発事故関連の訴訟は、戦後に起きた「4大公害病」訴訟で最大の熊本水俣病関連訴訟の原告数約8000人(通算)を上回っている。

福島訴訟の争点の一つは、政府・東電が主導する帰還促進と賠償打ち切りの妥当性だ。政府は6月12日、「避難指示解除準備区域」と「居住制限区域」の2区域(約5万5000人)に対する避難指示を2017年3月までに解除し、両区域の避難者の精神的損害に東電が支払う賠償(慰謝料)は18年3月末で終了する方針を発表した。さらに東電は、商工者向けの営業・風評被害に対する賠償は2年分を一括で支払い、その後は原則打ち切る。

東電はこの方針を反映した再建計画を政府に提出、7月28日に認定された。これにより、6兆円強だった賠償額の見込みは7兆円強に増えるものの、大部分の賠償金は原則として打ち切られる。

避難指示解除の目安となる放射線量について、政府は年間20ミリシーベルトを「確実に下回る」ことを要件とした。しかし、被災者の間では「高すぎる数値で安全性は確保できない」との見方が圧倒的だ。

原告団の一人で、原発が立地する双葉町で養蜂業を営んでいた小川貴永氏(45)は6月10日、福島地裁いわき支部で開かれた口頭弁論で「原発災害で生活が一変した」などと政府・東電を非難。同氏は「帰還困難区域」に自宅があり、妻子とは別の仮設住宅で避難生活を強いられている。原告団は1人当たり2000万円の慰謝料などを東電に要求している。

<問われる国と東電の責任>

約4000人が参加する「生業を返せ、地域を返せ訴訟」(13年3月福島地裁に提訴)。東電の過失責任と安全規制を怠った国の監督責任を指摘し、放射線量を事故前の水準に戻す原状回復、できない場合は1人月5万円の賠償を求めている。

原告団の狙いは「原子力損害賠償法」にもとづく賠償スキーム見直しだ。同法では「被害者保護」と「原子力事業の健全な発達」を目的としており、事業者の「過失責任」の有無は問われない。

同原告団は東電と国に対し、それぞれ民法709条(不法行為による損害賠償)などと国家賠償法1条(国の故意・過失による損害賠償)に基づいて責任を追及している。公害問題に詳しい除本理史・大阪市立大学教授は、国や東電の過失を司法が認定した場合、原賠法のもとで決まる損害賠償額よりも「大幅かどうかわからないが、増える可能性はある」と述べた。

同訴訟の代理人を務める馬奈木厳太郎弁護士によると、福島地裁は「過失の存否は重大な争点」との見解を示した。被告の国も東電も、過失はなかったと主張している。

<津波の想定めぐり新資料>

東電旧経営陣らの責任を追及する株主代表訴訟(原告42人、12年3月東京地裁に提訴)で、東電側は裁判所の要請に基づき、2008年9月に同原発の小森明生所長(当時)らが出席した社内会議の資料を提出した。

同資料には「津波対策は不可避」との記載があり、事故前から同社内で津波の危険が認識されていたことを示唆。大津波の襲来を「想定できなかった」としてきた東電の説明と異なる内容と原告側は主張している。

東電側は、同地裁に提出した準備書面で「津波が現実的に襲来する危険性が存在することを意味するものではない」と反論。しかし、訴訟代理人の河合弘之弁護士は「津波対策の必要性を東電が認識していた何よりの証拠。裁判に重要な影響を与える」と指摘している。

一方、東京第5検察審査会は7月17日に勝俣元会長ら3人を業務上過失致死傷の罪で強制起訴すべきと議決。同検察審は14年7月にも「起訴相当」と判断したが、東京地検は今年1月、「事故の予見可能性、結果回避可能性及びこれらに基づく注意義務は認められない」として不起訴とした。しかし、同審査による起訴すべきとの判断は2回目で、勝俣氏らは強制起訴される。31日公表の議決文は大津波の発生に「具体的な予見可能性があった」などの判断を示した。

(浜田健太郎 編集:北松克朗)


■Fukushima operator's mounting legal woes to fuel nuclear opposition

* Judge forces Tepco to disclose internal report

* Report warned of need for precautions, went unheeded

* More than 10,000 have legal claim against Tepco, govt

* Legal woes cloud restart of Japan's nuclear industry

By Kentaro Hamada

IWAKI, Japan, Aug 17 (Reuters) - Four and a half years after the Fukushima disaster, and as Japan tentatively restarts nuclear power elsewhere, the legal challenges are mounting for the crippled plant's operator.

They include a judge's forced disclosure of a 2008 internal document prepared for managers at Tokyo Electric Power Co warning of a need for precautions against an unprecedented nuclear catastrophe.

Also, class actions against Tepco and the government now have more plaintiffs than any previous Japanese contamination suit and, overruling reluctant prosecutors, criminal charges have been levelled against former Tepco executives for failing to take measures to prevent the 2011 meltdowns and explosions.

Radiation from the worst nuclear disaster since Chernobyl in 1986 forced 160,000 people from their homes, many never to return, and destroyed businesses, fisheries and agriculture.

The criminal and civil legal cases do not threaten financial ruin for Tepco, which is now backstopped by Japanese taxpayers and faces far bigger costs to decommission the Fukushima plant and clean up the surrounding areas.

Rather, the cases could further increase opposition to nuclear restarts - which consistently beats support by about two-to-one - as Prime Minister Shinzo Abe's government pushes to restore nuclear to Japan's energy mix to reduce reliance on imported fossil fuel.

"The nuclear plant disaster has upended our way of life," evacuee and former beekeeper Takahisa Ogawa, 45, testified recently in a court in Iwaki, near the Fukushima power station. "We've lost the support we counted on."

PROVING NEGLIGENCE

Ogawa and other plaintiffs are seeking 20 million yen ($160,000) each in damages from Tepco. More than 10,000 evacuees and nearby residents have brought at least 20 lawsuits against the utility and the government over the handling of the disaster at the Fukushima Daiichi nuclear plant 220 km (130 miles) north of Tokyo.

The biggest class action, with 4,000 plaintiffs, seeks to dramatically increase Tepco's liability by proving negligence under Japan's civil law, rather than simply proving harm and seeking compensation, said lead attorney Izutaro Managi.

Japan recently approved increasing the amount of compensation payments through a government-run fund to 7 trillion yen ($56 billion).

Prosecutors twice declined to charge former Tepco bosses over their handling of the disaster, citing a lack of evidence, but a citizens' panel overruled them last month. It's unlikely the three former executives, who will be summoned to give evidence in court, will be convicted as it is hard to prove criminal acts in this type of case, said Nicholes Benes of The Board Director Training Institute of Japan.

The legal actions against Tepco are "serious for the industry" as it seeks to gradually bring some of Japan's 43 idled nuclear reactors back online, said Tom O'Sullivan, an independent energy consultant and former investment banker.

"With potentially up to 25 reactors coming online, board members of other electric power companies must be quite nervous about what could happen if something goes wrong," he said. "Most reactors have been switched off for four years so switching them back on is going to be potentially problematic, not to mention the risk of natural disasters."

"UNAVOIDABLE"

It's unclear what bearing the various lawsuits against Tepco might have on one another, but a common thread is that it should have anticipated the possibility of a devastating quake and tsunami and taken steps to reduce the impact.

The company maintains that the severity of the 9.0 magnitude quake and 13-meter wave could not have been predicted.

But the document introduced as evidence in the shareholders' suit after a judge forced Tepco to produce it, appears to challenge that. The "Tsunami Measures Unavoidable" report, dated September 2008, was filed with the Tokyo District Court in June, but has not been widely reported.

The unnamed authors prepared the report for a meeting attended by the head of the power station and marked the document "to be collected after discussion." It's not clear whether senior executives in Tokyo saw the report at the time.

The report called for Tepco to prepare for a worse tsunami than it previously assumed, based on experts' views.

"Considering that it is difficult to completely reject the opinions given thus far of academic experts on earthquakes and tsunami, as well as the expertise of the (government's) Headquarters for Earthquake Research Promotion, it is unavoidable to have tsunami countermeasures that assume a higher tsunami than at present," says the report.

"This is prime evidence that Tepco recognised the need for tsunami measures," said Hiroyuki Kawai, lead attorney in the shareholders' suit. "This will have an important impact on the lawsuit."

Tepco, in a court filing, counters that the document "does not mean there was a risk that a tsunami would strike and did not assume any specific tsunami countermeasures."

Asked to comment further on the internal report and the range of legal problems facing the company, Tepco spokesman Kohji Sakakibara told Reuters, "We cannot answer these questions because they pertain to lawsuits and because they suppose a hypothetical determination of negligence. However, the company is making appropriate assertions in the lawsuits and expects that in the end the courts will render fair judgements."

The shareholder lawsuit, filed in March 2012, seeks to establish responsibility for the disaster and demands 5.5 trillion yen ($44 billion) in damages from current and former executives. A verdict is not expected for at least a year.

"This is likely to become a long battle where lawsuits go on for several decades or half a century," said Shunichi Teranishi, a professor emeritus of environmental economics at Hitotsubashi University in Tokyo, comparing it to the Minamata mercury poisoning disaster in the 1950s, where lawsuits continue to be filed to this day.

($1 = 124.8500 yen) (Reporting by Kentaro Hamada, with additional reporting by Aaron Sheldrick; Writing by Osamu Tsukimori; Editing by William Mallard and Ian Geoghegan)

関連記事

弁護団と沖縄の避難者の方々と出会いについて

2015.08.01 10:45|なりわい弁護団より
なりわい弁護団のfacebookページの投稿記事より転載します。
https://www.facebook.com/nariwaikaese

『プロメテウスの罠』連動企画(5)

今回は、弁護団と沖縄の避難者の方々と出会いについてご紹介します。

2011年12月24日、「つなごう命~沖縄と被災地を結ぶ会」からの要請を受けて、弁護団共同代表の安田弁護士と弁護団事務局長は、初めて沖縄に避難した方々とお会いします。

当時、沖縄には1000名を超える方々が避難しており、会場には100名を超える方が参加。座る場所がなくなり立見の方が出るほどの状況でした。

「つなごう」は、事故後まもなくして、沖縄現地の支援の方々と避難した方々とが協力して立ち上げた会で、避難者と地元の方々との交流を図り、避難者の方々の要求をとりまとめ、改善を求めていくことなどを目的としています。バザーを定期的に開催するほか、医療機関と協力して健康診断を行ったり、沖縄県などに対して改善を求める取り組みなどを行っています。弁護団も、バザーに参加し、会場の一角で法律相談を行うところから沖縄での活動を始めました。
こうしたつながりを経て、原告団沖縄支部を立ち上げるまでになりました。

新聞に映っている那覇市民会館の和室は、弁護団にとっても大変思い出深い場所です。

紙面は、2011年12月25日付の沖縄タイムスと琉球新報です。


11694116_885823631490269_4830696795206306106_n.jpg

11831682_885823934823572_1886348643178315978_n.jpg

※以上 転載おわり
関連記事
| 2015.08 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Profile

BQN

Author:BQN
東日本大震災の時に首都圏在住在勤。キヨシローの反原発ソングしか知らなかった自分を反省し、当時小3になったばかりの子供を放射能からどう守ったらよいか真剣に学ぶ。1年後、沖縄に移住。2012年12月、沖縄にいる原発避難者のための東電による説明会が行われたが、その開催に尽力したのが避難者支援の市民団体『つなごう命〜沖縄と被災地をむすぶ会〜』だった。共同代表の沖本八重美さん(2013.1.26永眠)は広島原爆の胎内被爆者ゆえ、新たな被ばくの犠牲者に対し深い共感をもって支援した。深刻かつ長期にわたる被害に対し “法廷で東電と国の責任を問う” ことが八重美さんの悲願だった。私も同じ気持ちでこの訴訟の支援を続けて行きたいと思っている。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

QR code

QR

ページトップへ