スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺たちは使い捨て  原発労働者が実状を語る

2016.09.28 02:08|被曝・賠償・医療問題

 遠藤俊一さん(仮名)、南相馬市在住、41歳。福島第一原発事故の1年前まで、合計で約15年間、福島を中心に、全国の原発作業に従事していた元原発労働者。 遠藤さんは、原発内の過酷な作業と被ばく労働の実態、下請けいじめと労災隠しが常態化する現状、そして今回の事故原因にもかかわる欠陥隠蔽と報告書改竄という事実を、赤裸々に語ってくれた。 遠藤さんの話からは、「俺たちは使い捨てにされている」という深い憤りと...
俺たちは使い捨て  原発労働者が実状を語る

関連記事
スポンサーサイト

福島県による内部被ばく検査中止要請

2016.09.28 01:33|被曝・賠償・医療問題

■福島県による内部被ばく検査中止要請 福島県「不安あおる」弘前大に昨年4月
(2012年6月14日 毎日新聞)


・弘前大学被ばく医療総合研究所 床次眞司教授ら

・2011年4月12日〜16日の期間に
 浪江町対馬地区に残っていた17人
 南相馬市から福島市に避難していた45人 合計62人
 住民と自治体の了解を得て甲状腺内の放射性ヨウ素131を測定 

・検査の信頼性を高めるためには3桁の被験者が必要とされ、
 その後も継続検査の計画を立てていた。

福島県地域医療課から「環境の数値を測定するのはいいが、
 人を測るのは不安をかきたてるからやめてほしい」と要請された


・「きちんと検査していれば事故の影響を正しく評価でき、住民も
 安心できたはずだ」と調査班は当時の県の対応を疑問視


・ヨウ素131は甲状腺にたまりやすくガンのリスク高める
 半減期は8日と短く早期検査しなければ原発事故の影響把握
 できない

・「放射線への不安が長引いているのは当時の情報がないからだ」

福島県地域医療課の担当者「やりとりの詳細は記憶に無い」

・こうした要請の結果、事故初期段階での内部被ばく実測データは
 ほとんど残されなかった

・飯舘村で国の原子力災害対策本部が行った甲状腺の内部被ばく
 検査は、ヨウ素を直接測ることができない簡易式検出器だった
 (2011年3月下旬)

・住民感情を逆なでするから調査を控えてというのではなく
 平時から信頼出来る大学や研究機関に行政側から協力を依頼
 する体制を整えておくべき
 (東京工業大学 松本義久准教授)

↓記事画像


CCI20160928_00000.jpg


関連記事
| 2016.09 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

BQN

Author:BQN
東日本大震災の時に首都圏在住在勤。キヨシローの反原発ソングしか知らなかった自分を反省し、当時小3になったばかりの子供を放射能からどう守ったらよいか真剣に学ぶ。1年後、沖縄に移住。2012年12月、沖縄にいる原発避難者のための東電による説明会が行われたが、その開催に尽力したのが避難者支援の市民団体『つなごう命〜沖縄と被災地をむすぶ会〜』だった。共同代表の沖本八重美さん(2013.1.26永眠)は広島原爆の胎内被爆者ゆえ、新たな被ばくの犠牲者に対し深い共感をもって支援した。深刻かつ長期にわたる被害に対し “法廷で東電と国の責任を問う” ことが八重美さんの悲願だった。私も同じ気持ちでこの訴訟の支援を続けて行きたいと思っている。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

QR code

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。