第6回口頭弁論期日(裁判)のお知らせ

2014.05.09 09:07|なりわい訴訟について
『生業(なりわい)を返せ、地域を返せ!』福島原発事故訴訟の第6回期日が
平成26年5月20日 15:00 (福島地方裁判所)に行われます。


被告国と東京電力の2回目の反論の期日(裁判の日)です。

前回の期日では、国は原告の主張に対して認否(あってる・間違ってる・
知らないなど)を行いませんでした。認否がなければ、何が争いとなって
いるのかわからず、適切な反論が行えません。

また、東京電力は

「20msv以下は健康影響は問題ない(肥満・野菜不足より安全)」

「仮に責任と義務が認められても莫大なお金が必要なので、一企業に
負担させるには重すぎるので訴えを却下すべき」

との主張をしました。

原告団・弁護団はこのような被告国と東京電力の態度を許さない
という声を上げていきましょう。

※本期日には、沖縄原告団から久保田美奈穂さんが意見陳述する
ために福島入りします。公害総行動などでも堂々を怒りの声を
政府や東電に直接伝えた勇気ある2人の小さな子のママです。
沖縄には福島以外からの、特に首都圏からの避難者がたくさん
いるので、みんなの怒りを代弁するんだと意気込んでおります。

久保田さんの発言は文字と動画でネットに残っていますので
ぜひ、チェックしてください。


「事故後卵巣に腫瘍ができました、セシウムが入っていたら
責任を取ってくれますか!」2013/6/6東電・政府交渉


■文字起こし
http://nariwaiokinawa.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

■動画
http://www.youtube.com/watch?v=AhJZhRsVPmM&feature=youtu.be&t=1h55m40s


『生業(なりわい)を返せ、地域を返せ!』
福島原発事故被害原告団・弁護団は、第6回期日にあわせて、
下記の日程でデモ行進・模擬法廷・報告集会を行う予定です。

----------------------------------------------------------------------------------

○13:00 あぶくま法律事務所前に集合(福島市松木町7-17)

○13:30 裁判所に向かってデモ行進

〇14:00?福島地裁傍聴券配布?
      (一般傍聴券の抽選の時間は分り次第お知らせします。)

○15:00 第6回口頭弁論期日&第6回模擬法廷*
 模擬法廷では、法廷の様子を説明などを加えながらリアルタイムでお伝えします。

○16:30? 報告集会*
 実際の法廷での様子を報告し、今後の活動にむけて意見交換を行います。

----------------------------------------------------------------------------------


デモ行進・模擬法廷・報告集会は、原告の方、原告以外の方、どなたでも
ご参加も大歓迎です。お気軽にお越し下さい。

(※福島市には非常に線量の高い所があり、決して ”お気軽に” 行く所
 ではないと私は思います。 ...ブログ主)


*模擬法廷・報告集会は、福島市音楽堂小ホール(福島市入江町1-1)
で行います。報告集会の開始時間は第4回期日の状況によっては開始時間が
変更される可能性がありますので、ご了承ください。



■第6回裁判の模擬法廷の中継 5月20日(火)15時〜

ユースト http://www.ustream.tv/channel/%E7%94%9F%E6%A5%AD%E8%A8%B4%E8%A8%9F-%E7%AC%AC6%E5%9B%9E%E6%9C%9F%E6%97%A5-%E6%A8%A1%E6%93%AC%E6%B3%95%E5%BB%B7 …

ツイキャス http://twitcasting.tv/f:100006435697812 …




10170924_647513475321287_4864930825219512233_n.png
| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Profile

BQN

Author:BQN
東日本大震災の時に首都圏在住在勤。キヨシローの反原発ソングしか知らなかった自分を反省し、当時小3になったばかりの子供を放射能からどう守ったらよいか真剣に学ぶ。1年後、沖縄に移住。2012年12月、沖縄にいる原発避難者のための東電による説明会が行われたが、その開催に尽力したのが避難者支援の市民団体『つなごう命〜沖縄と被災地をむすぶ会〜』だった。共同代表の沖本八重美さん(2013.1.26永眠)は広島原爆の胎内被爆者ゆえ、新たな被ばくの犠牲者に対し深い共感をもって支援した。深刻かつ長期にわたる被害に対し “法廷で東電と国の責任を問う” ことが八重美さんの悲願だった。私も同じ気持ちでこの訴訟の支援を続けて行きたいと思っている。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

QR code

QR

ページトップへ