2015年10月11日 なりわい訴訟報告会

2015.10.13 00:32|原告団沖縄支部活動

沖縄支部支援者個人ブログに詳細レポートが上がっていました。
太字リンク先でお読みください。

2015年10月11日(日)中瀬弁護士 塚本弁護士が来沖され、なりわい訴訟の経過について報告してくださいました。第14回期日の様子や、裁判の目的や特徴などについて10月9日日本テレビのニュース24が解説コーナーにて ※~ふるさとを返せ~原発事故の集団訴訟特集してくれたため、まずはこのビデオを皆で視聴。9月30日の第14回期日では、同志社大学心理学部 リスク心理学専門 中谷内一也教授が「一般の人が原発事故や放射線被ば...
2015年10月11日 なりわい訴訟報告会




| 2017.03 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Profile

BQN

Author:BQN
東日本大震災の時に首都圏在住在勤。キヨシローの反原発ソングしか知らなかった自分を反省し、当時小3になったばかりの子供を放射能からどう守ったらよいか真剣に学ぶ。1年後、沖縄に移住。2012年12月、沖縄にいる原発避難者のための東電による説明会が行われたが、その開催に尽力したのが避難者支援の市民団体『つなごう命〜沖縄と被災地をむすぶ会〜』だった。共同代表の沖本八重美さん(2013.1.26永眠)は広島原爆の胎内被爆者ゆえ、新たな被ばくの犠牲者に対し深い共感をもって支援した。深刻かつ長期にわたる被害に対し “法廷で東電と国の責任を問う” ことが八重美さんの悲願だった。私も同じ気持ちでこの訴訟の支援を続けて行きたいと思っている。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

QR code

QR

ページトップへ