スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年初頭 北米に転勤中の知人とのメールやりとり

2015.10.14 12:36|支援者の想い
○○○さん

放射能的に日本に戻りたくないのですが
別の道がなく3月12日に帰国します。

たぶん文京区周辺に住む予定です。
魚は本当に危険みたいですね。

沖縄で楽しくやってますか。

○○

*************************

○○さんお久しぶりです。

東京にお子さん連れて戻るのは危険だと思います。

日本は昨年末の衆院選で自民政権になり、放射能汚染と原発避難民の存在を
無かったこととして経済優先に舵を切っています。
全国の電力会社が自社の原発再稼働の準備を初めていますし、相変わらず
独立性の無い原子力規制庁(旧原子力保安院)が運転許可を出してしまう状態。

もう福島でなくても原発から事故でどんなに漏れても知らんぷりだと思いますし、
福島の高線量地域も「除染」を口実にどんどん強制帰還させられる方向です。
国際原子力マフィアや米英もフクシマ事故の犠牲の実態は隠ぺい、復興や住民
帰還にのみ光をあてて発信するでしょう。

放射能安全詐欺で被曝防護がなされない今の状態が続くと、東京で今までの感覚
で生活すると被曝は免れないでしょう。特に文京区は土壌汚染が高いところが
ある、と早い時期から話題に上っていました。
セシウムは基本的に低くなっているところに砂や泥と一緒に溜まる傾向。
自然の多いところは基本的に放射性物質が濃縮します。

沖縄生活もだいぶ落ち着きました。

この子の甲状腺には初期被曝の影響か、エコー検査でのう胞が見つかっています。
心不全で亡くなる若い人も増えてきて、恐ろしい状況になりつつあります。

経済も仕事も大事ですが、命あっての物種。
せめて土壌汚染の低い場所に住み勤務されることを願っています。

*************************

○○さん怖がらせるばかりで申し訳ないのですが、民間が2011年に行った首都圏土壌汚染調査で
文京区はとんでもない汚染が見つかっています。

文京区小石川4丁目 162500ベクレル/㎡

一覧表はこちら→https://twitter.com/2012wat/status/292520339198595072/photo/1

東京も葛飾区、台東区、墨田区、文京区などにホットスポットが多数あります。
東京の汚染は経済をまわすために事故初期から徹底的に隠ぺいされたため、
今ではまったく放射能汚染を忘れて生活している人が大多数です。

気にする人は移住したか妻子だけ移住させたか徹底的に対策しているかといった
ところです。東日本の汚染地域での正常化バイアスには勝てません。
放射能は五感で感知できないため科学的にどうにでも言えてしまうところがあり
厄介なのです。

私の周りで東京から移住した人は奈良、岡山、熊本、大分、沖縄、名古屋あたりを
選んでいます。最初のフォールアウトの汚染の境目は長野県、静岡県あたりが目安です。
お子さんいるので情報提供しました。

ほとんどの学校では「政府の基準値をクリアした」放射能入りの給食が出されています。
子供を被曝させないのは日本では困難な状況です。
できたら転職して帰って来ない道を探った方が、と思います。

福島では高い線量下に形式的な除染によって住民帰還が強制されつつあります。
原発作業員がフルマスクするような汚染の中でも学校が営業。
はっきり言って原子力産業と経済を守るためのジェノサイドが起こってしまって
います。

*************************

ありがとうございます。
本当に日本はやばいですね。

○○○さんに会えてよかった。

○○



| 2018.06 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile

BQN

Author:BQN
東日本大震災の時に首都圏在住在勤。キヨシローの反原発ソングしか知らなかった自分を反省し、当時小3になったばかりの子供を放射能からどう守ったらよいか真剣に学ぶ。1年後、沖縄に移住。2012年12月、沖縄にいる原発避難者のための東電による説明会が行われたが、その開催に尽力したのが避難者支援の市民団体『つなごう命〜沖縄と被災地をむすぶ会〜』だった。共同代表の沖本八重美さん(2013.1.26永眠)は広島原爆の胎内被爆者ゆえ、新たな被ばくの犠牲者に対し深い共感をもって支援した。深刻かつ長期にわたる被害に対し “法廷で東電と国の責任を問う” ことが八重美さんの悲願だった。私も同じ気持ちでこの訴訟の支援を続けて行きたいと思っている。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

QR code

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。